トップページ / 社長ブログ

社長ブログ

BELSと快適な家づくりについて

BELS認定をご存知でしょうか?

BELS(ベルス)とは2016年度から始まった建物の省エネ性能表示制度の事です。

Building-Housing Energy-efficiency Labeling System の頭文字からBELS(ベルス)と言っています 

26df005b-s.jpg

上の写真はモデルハウス「やあたの家」をZEH(ゼロエネルギーハウス)仕様で建てたのでその後制度ができたBELS認定を受けたものです。

リメックスの建てた家でのBELS認定1号です。

BELS認定が出来てからはZEHで補助金をもらう為にはBELSの認定を必ず受けることになりました。

「建築物のエネルギー消費性能の見える化」は断熱性能や省エネ設備の採用により数値が良くなるので省エネで快適な暮らしのできる家づくりを促進できます。

もちろん快適さは数値で全て測れるものだと私は思っていません。

日当たり風通しの良い家づくりで自然の快適さを取り入れる事が一番心地いいことも分かっています。

しかし季節や天候によっては窓を閉め切って外部と遮断した方が良い場合もあります。

自然の快適さを取り入れて建てる家づくりに現代の建材や工法、技術を取り入れることは家の進化だと感じます。

しかし急激な進化ではありません。

住宅で断熱材が使われだした1970年代から1990年始めまでは木造住宅は隙間だらけでした。

サッシのペアガラスが一般に普及しだした1990年代半ばから1990年代の後半に言われだした高気密高断熱の家、2000年からの性能表示制度、そして2003年建築基準法一部改正でのシックハウス対策、内装材などの建材から放散するの化学物質規制と24時間換気の義務化、2009年から始まった長期優良住宅、次世代省エネ基準、2020年から住宅でも義務化される2013年に定められた省エネ基準、低炭素住宅、そしてZEH、BELSへと

リメックスでは現在100%、全ての家でBELS認定を受けています。 

53cff9cb-s.jpg

省エネで快適な暮らしができる家づくりをする事で家の光熱費など家のランニングコストも抑えられます。

また、冬も暖かに暮らす事で健康寿命が4歳延びるとの研究データもあります。

そして何より省エネな家は温暖化ガス削減にも貢献できるので地球環境にも貢献できるのです。

平成29年度はBELS認定5つ星の家100%達成できました。

国の補助金制度で国土交通省の「地域型住宅グリーン化事業ゼロエネ型」もフルに活用できました。

今年度(平成30年度)もお客様の「快適で健康に暮らせる家」と「省エネな家づくり」でお客様の為、地球環境の為にもZEHと省エネ性能表示制度(BELS)の家づくりを100%を目標に推進していきます。

「自然の快適さを取り入れた高性能な自然素材の家」をリメックスは建てていきます。

安全で快適に暮らし続けられる家は家族を幸せにする家なのです。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3-21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

Top↑

ZEH支援事業の実績と目標について

リメックスの2017年度のZEH普及実績は60%でした。

7f09b242-s.jpg

2016年度は29%の実績だったので割合としては2倍以上となりました。

f1aac6d6-s.jpg

2017年度の目標も60%だったので目標も達成できました。

b33cd92b-s.jpg

 本年2018年度のZEH普及目標は70%、2019年度は90%、2020年度には100%を目指しています。

リメックスではZEH(ゼロエネルギーハウス)を推奨しています。

その大きな理由としては地球環境保護の為です。

温暖化ガス削減に取り組まなければ人類の明るい未来は想像できません。

また、断熱性の良い家に住む事で快適な暮らしができて健康にも良く併せてLED照明や省エネ型の給湯器やエアコンを使う事で省エネになり光熱費も削減できます。

創エネルギーの為の太陽光発電は売電金額と自己消費分を計算すると設備投資に最初かかった費用を10年ちょっとで取り戻せます。

ZEH普及のために経済産業省や国土交通省、環境省の大きな補助金もあるので利用できると更にお得です。

地球環境に優しく光熱費が安くなって補助金も充実となるとお客様には是非オススメしたいですね。

外観上屋根に太陽光発電パネルが多くの枚数乗らなかったり、資金的の借り入れが不可能でどうしてもできない方もいらっしゃいますが快適に省エネで暮らし続ける為にもZEHは是非お勧めしたい家です。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3-21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

Top↑

現場で気密検査

本日は気密検査を行いました。

a8125f2f-s.jpg

気密性は設計図では分からないので必ず現場で確認しています。

bbe9ebf9-s.jpg

今回の数値はC値0.4㎠/㎡でした。

a4c48172-s (1).jpg-2.jpg

この数値は前回の0.3よりは玄関が引き違いという事もあって劣るものの、かなりいい結果です。

新築のマンションのレベルがC値1.0なのでリメックスではC値を1.0以下にするお約束としています。

大手ハウスメーカーを含めてもトップレベルの数値で良かったです。

断熱材をしっかり入れても隙間だらけでは外部の温度を遮断はできません。

逆に気密性がいいと換気を考えなければ結露する家になってしまいます。

断熱、気密、換気対策は省エネで快適に暮らす家づくりではとても重要な事です。

今週の日曜日4月15日にこの現場で構造見学会を行いますのでご興味ある方はお気軽にお申し込みください。

http://www.nipponnoie.co.jp/event_kengaku.html 

 

〒4228076

静岡市駿河区八幡3-21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

Top↑

厳島神社の床下の木

先日の研修旅行で2日目は広島の宮島にある厳島神社に行きました。

3363595e-s.jpg

満潮時は海に床下が浸かるのですが干潮時には鳥居まで歩いて行けます。

abb8dc48-s.jpg

社殿の床下に使われている木材は腐りにくくフェノール樹脂を注入してある国産材の桧で商品名はエコアコールウッドです。

72df4677-s.jpg

毎年改修工事の為に納品しているそうです。

a2205d84.jpg

リメックスでも外部のウッドテラスや窓格子、バルコニーの木部は2年半前にモデルハウスに採用して以来ずっと使っています。

腐りにくく加工もしやくしかも費用も重たく硬い南洋材と比べて半額以下です。

初期コストとメンテナンス費用も抑えられてしかも国産材で日本経済にも貢献できます。

実際にカタログで厳島神社の床下に使われている写真は見ていましたが実際に見ると嬉しいものです。

これからも安心安全で快適に暮らし続けられる家づくりをご提案していきます。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3-21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

Top↑

尊敬する社長の会社

私が師と仰ぐ社長の会社が破産の手続きに入りました。

技術力や設計デザイン力もあり素晴らしい家をいつも建てている会社です。

お客様からは分かりにくい品質管理や施工管理もしっかりしている会社で従業員の方も良い方ばかりでした。

社長は優しくて人望もあり後輩の面倒見も良く一回り年下の私が同業者にもかかわらず仕事の事や考え方などいろいろ教えてくださいました。

社長が言った言葉は今も私の心に刻まれています。

競合になる事もありましたが「決めるのはお客様だから」と笑って言われていました。

また真っ正直で熱い性格は小手先の販売テクニック的な売り方はせずにより良い家づくりを常に研究していました。

他社の悪口など言ったこともありませんでした。

私も似ているところがあったからか真っすぐで不器用な私と自分自身の事をよく「野武士」だと言われていました。

破産の原因は競合激化による売上げの減少と言う事でした。

「見えない部分に魂が宿る」と言う言葉がありますが建築も同じです。

お客様の目に見えない部分をきちんとしないと良い家にはなりません。

一緒に家づくりを通して静岡の街を美しくしていく事が私の夢でした。

私はこれからも社長の事を尊敬し続けていきます。

今が一番苦しい時とは思いますが従業員の方と社長の事を心から応援します。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3-21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

Top↑
最新  |  << 前ページ  |  次ページ >>  |  最初
リメックス公式SNS
Facebook instagram Twitter LINE@

社長ブログ

2018年04月
           
01
02
03
05
07
08
09
10
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
           

最新記事

最新  |  << 前へ  |  次へ >>  |  最初
スタッフブログ
ご来場予約