トップページ / 社長ブログ

社長ブログ

住まいと健康について

先日(7月18日)に東京で木造ドミノ研究会の研修に行って来ました。

テーマは「住宅性能と健康」についてでした 。

8aeb0479-s.jpg

この本を書かれた甲斐徹郎先生が講師を務めてくださいました。

断熱性がいい暖かな家と寒い家とは健康寿命が4歳違うことをまず話されてから「体感の不思議さ」についてもお話ししてくれました。

気温25度はちょうどいいがプールの水が25度だと冷たいのはなぜ?

答えは空気と水では熱の伝わり方の速度が違うから。

空気は断熱材にも使われるほど熱が伝わりにくく水は熱が伝わりやすい。

熱の伝わる速度が早いほど冷たく感じるのだという話です。

今は暑い時期ですが家づくりでも気温だけでなく、体感温度を下げる為の手法をいろいろとお話ししてくれました。

太陽の照り返しを防ぐ手法、バルコニーからも照り返しで不快になる事。

風通しは南北に窓を抜けさせる事がよく人に風があたらなくては涼しく感じない事。

人は快適さをまず服でコントロール、次に家でコントロール、そして庭でコントロール、隣や周囲の環境でコントロール、各家の北側の植栽が街並みも美しく体感温度も快適にする事も言われていました。

リメックスの家づくりも共感する事が多く自分がやってきた事が理論ずけられて説明された事がとても嬉しかったです。

6d81a633-s.jpg

写真は本の著者で当日の講師を務めてくださった甲斐先生と懇親会での写真です。

緑のカーテンや家の配置、窓の位置、庭、近隣との関係など高気密高断熱だけでなく外の環境の取り込み方で快適さは変わってきます。

お客様に性能はもちろん自然の快適さを取り入れて真に快適な家づくりを頑張ろうって気持ちに改めてなりました。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3-21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

Top↑

完成見学会で見るキッチンスタイル

6月23、24日(駿河区池田)と6月30日、7月1日(焼津市石脇上)と2件の完成見学会を行いました。

どちらもオクシズ材を構造躯体に使用した自然素材の高性能な家です。

高性能と一言で言ってしまうと何か分かりませんので簡単に説明すると「耐震制震の省エネな家」です。

地震対策は構造計算をした上での耐震等級3で余震対策の制震オイルダンパー付きです。

もちろん熊本地震での2度の震度7と同じ揺れも倒壊シュミレーション「ウォールスタット」でパソコン上で被災実験しての安全性も折り紙つきです。

ウォールスタットは国土交通省の研究機関が開発したソフトで無料でダウンロードできます。

省エネ性については第一に自然の快適さを取り入れる為に風通しと日当たりを考えた大きな窓や吹き抜けがあります。

断熱性は2020年義務化の新省エネ基準、青森県と同レベルです。気密性は施工により差が大きいので設計上ではなく現場で実験して出しました。

2軒とも北海道でもトップレベルと言われるC値(相当隙間面積)0.5以下でした。

C値は池田の家が0.41㎠/㎡、焼津の家が0.38㎠/㎡でした。

玄関が引き戸でこの数値の良さには驚きでした。

前置きが長くなってしまいましたが完成見学会で性能を言われても分かりませんし心にも響かないと思います。

完成見学会では見て分かるものをお話ししたいですね。

今回の家ではキッチンスタイルに注目です。池田の家は対面式で一段上がった畳コーナーがあって堀座卓のように腰掛けてカウンターで食事ができます。

f9eaf627-s.jpg

焼津の家はコンロ(調理)とシンク(水槽)が別々に離れたセパレート型になっていてテーブル配膳も簡単で人気の横配膳型です。

a9309728-s.jpg

キッチンスタイルはお客様のライフスタイルやご要望、間取り全体のバランスでご提案は変わりますが実際の物を見ておくと写真だけよりも自分がどの様にしたいのか決める手助けになります。

今回の見学会場の2家族様も実際の完成した家と構造見学をして性能と毎日の暮らしの快適さを両立させることができました。

家づくりは出来ているものを買うのではなくお客様と一緒につくっていくものです。

よりお客様に分かりやすくお伝えする努力をこれからもして行きたいと思います。

完成見学会の場をご提供してくれたお客様とご来場の多くのお客様に感謝しています。

有難うございました。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3-21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

Top↑

安全、快適で省エネの家

先日の土日は「ろうきん住宅フェスティバル」でした。 

2db99828-s.jpg

大勢のお客様がご来場してくださいました。

大手メーカーや地元の住宅会社が各々のテーマでブースを出しました。

13fca5d7-s.jpg

リメックスでは、~静岡の木でつくる~安全快適で省エネな家 というテーマでブースを作りました。

女性社員はお子様を対象に木でブローチ作りをやりました。

私は真剣に家づくりの参考の為に来られた方に向けてZEH(ゼロエネルギーハウス)・省エネと耐震、制震について分かりやすく掲示物を作り説明させていただきました。

話しをした人の中に「今はどこの会社も地震の事は考えているから大丈夫でしょ!」と言われた方がいました。

私はこう答えました。「各社の取り組みは違います。今の日本の建築基準法やその他の基準でも余震対策は考慮もされていません。耐震等級3(最高等級)の建物もです。」

しかも建築をはじめモノづくり全てに言える事はお客様の目に見えない部分、品質管理をきちんとやっていないといくら設計上良くても駄目だという事です。

建築技術や素材も他の業種と同様に常に進化しています。

しかしながら法律は改正されるまでに何年もかかります。

リメックスでは法律が改正される前に法律の矛盾点や問題点は改善しています。

一番大切な品質管理、施工管理、設計管理は特に力を入れています。

「どこの会社も耐震は心配ありません」と私は決していう事はできません。

なぜなら自社も常に改善改善の繰り返しで進化しているからです。

家の安全性はお客様の健康や命を守る一番大切な事です。

お客様には家づくりで失敗しない為にも各社の取り組みをしっかりと聞いてもらいたいです。

たとえよく分からなかったとしてもその説明の仕方で本気度や誠実さがきっと分かります。

「今時の会社はどこでも大丈夫です」という説明は私は出来ません。

是非とも耐震対策や余震対策は正しく比較検討してもらいたいものです。

大切なご家族の幸せの為にも

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3-21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

Top↑

静岡県建築士会の総会

本日(6月8日)午後から静岡県建築士会の総会に参加しました 。

26a50c1b-s.jpg

建築士会は主に個人の地元設計士の方々1,190人が正会員となっている団体です。

ここでの情報交換は現場の生きた情報も多々あります。

また自分が分からないことも教えてくれる仲間がいます。

2年前に総会に参加した時には懇親会の場で熊本地震を視察した時に撮った写真を多くの仲間に見てもらい私の目で見た今の耐震基準の問題点を伝えさせていただきました。

建築物の安全性は人の命を左右する重要なものです。

快適性も健康な生活に関わる重要な事です。

美しい街並みはその土地の価値を高め過疎化も防ぎそこに住む方の満足感も高めます。

静岡の建築士会の活性化がいい家づくりにもきっと繋がります。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3-21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

Top↑

断熱気密と自然の快適性

私の自宅の前で田植えが始まりました 。

335d6c7b-s.jpg

子供の頃からこの季節はカエルの声が子守唄でした。

そして夏も窓を開けると田んぼの気持ちの良い風が入って来るのでエアコンは私が大人になるまで家にありませんでした。

静岡県は全国でもとくに日照時間に恵まれて冬にも太陽が出ています。

そんな気候や自然環境に恵まれている静岡で快適に暮らす為に住環境で一番大切な事は日当たりと風通しだと私は考えています。

しかしながら冬に太陽が出ていない日もあれば、真夏の風の無い日や暴風雨、花粉症の季節は、窓を締めてエアコンを使いたい時もあります。

そんな時は無理せずにエアコンや床暖房、扇風機など機械設備を使った方が良いと思います。

断熱気密が良い家で省エネ型エアコンなどの機械設備を使うと頭から足元まで温度差も少なく心地よく暮らせます。

先日サッシメーカーのLIXILショールームへ行き窓の断熱性の事でいろいろ質問して説明を受けて来ました。

0af4404e-s.jpg

ご存知の方も多いかも知れませんがZEH(ゼロエネルギーハウス)や2020年から一般住宅も対象となる断熱性の義務化基準もあるので家の断熱性はこれからどんどん良くなって来ます。

家の断熱性能を表す数値の外皮性能はUA値と言って家の屋根、外壁や窓なども含めた全ての面積の1㎡あたりの平均熱貫流率のことです。

断熱材の入った暑い外壁部分より窓の方が当然ながら断熱性能は劣ります。

しかしながら窓を小さくしてUA値ありきで数値を優先しても暮らす人の快適さは上がりません。

リメックスでは南側の窓は遮熱の低いクリアーペアガラスでなるべくサイズも大きくして冬は日射熱を取得して夏は深い軒庇で直射日光を遮り風通しは良くするという工夫をしています。

自然の快適さを取り入れた上で断熱気密性を良くする事が一番快適で省エネな家なのです。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3-21-1

株式会社 リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

Top↑
最新  |  << 前ページ  |  次ページ >>  |  最初
リメックス公式SNS
Facebook instagram Twitter LINE@

社長ブログ

2018年07月
           
01
02
03
04
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         

最新記事

最新  |  << 前へ  |  次へ >>  |  最初
スタッフブログ
ご来場予約