トップページ / 社長ブログ

社長ブログ

2階LDKのバルコニー

本日、築5年の定期点検に行ってきました。

881c2687-s.jpg

葵区北番町に建つ土地の広さが30坪以下の狭小地の家です。

 普段いるリビングの日当たりを確保する為に2階をLDKとしてバルコニーはリビングからもダイニングからも出られるようになっています。

 上の写真の向かって左側のバルコニーです。

 広さは4.5帖程ですが2方向から室内とつながっているので部屋の延長のようにも、また庭のようにも感じます。

c32d5cd2-s.jpg

手摺りの高さも高くしてあるので道路からは部屋の中もバルコニーの内部も何も見えない プライベートな空間となります。

お孫さんが最近遊びに来た時にプール遊びもしたとの事です。

FRPバルコニーですが腐りにくい杉の赤みに防腐塗装をしたので5年経っても思っていたより綺麗でした。

FRPも直射日光や直接の雨にもあたらず劣化もしにくくなります。

狭小地の2階LDKの間取りには高い手摺りの広々バルコニー、お勧め致します。

定期点検は1時間半程かけて外部、内部、縁の下迄見てお客様への問診もしました。

とても満足して暮らされていた奥様の笑顔を見てとても嬉しい点検でした。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3丁目21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

 

Top↑

富士見台の家、上棟日16時30分に雨

本日は駿河区富士見台で上棟でした。

 恒例で一本目の柱はお客様に建てていただきました。 

9c2b19b9-s.jpg

ご主人と息子さんに二人で建てていただきました。

柱を材に記入された順番に従って組んでいきます。

c31924a9-s.jpg 

aceb9c5e-s.jpg

予定通り大工さんの仕事が16時30分頃完了して雨仕舞いの為に

外壁の代わりにブルーシートで養生し始めた時に雨がふりはじめました。 

0cbd98d3-s.jpg

2階の屋根は屋根屋さんが下地の防水ルーフィングまで完了していましたが一階の屋根は間に合わず外壁と同じようにブルーシートでぐるぐる巻きにしました。

 昼間は雨が降らず曇りで風もなく絶好のコンディションでした。

とにかく無事に怪我もなく上棟が無事に完了できて天に感謝です。

朝から一日中現場に来てお気遣いいただいたお客様ご家族にも感謝です。

 素晴らしい家が完成するように従業員、現場スタッフ一同頑張ります!

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3丁目21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672 

 

 

Top↑

住宅の台風対策

九州に台風10号が近づいています。

台風10号は最大瞬間風速70mと今までに聞いた事のない強風です。

 地球温暖化が原因なのか2年前から史上最強クラスの台風が毎年のように日本に上陸しています。

 住宅の安全対策は耐震性がメインで台風対策はなおざりだった気がします。

性能表示制度では耐震性の最高等級3を取得するとオマケで耐風等級も最高等級2もついているくらいにしか思っていませんでした。

879ee031-11-s.jpg

 因みに耐風等級の最高等級1とは500年に一度の暴風にも倒れず50年に一度の暴風で

損傷を受けないとなっていて等級2の最高等級の場合はその⒈2倍の力に対して倒壊や崩壊を しないというものです。

 

1ee8ec05-s.jpg

 

上記の内容を見るとどんな台風が来ても実に安心できそうですが実際には安心できません。

 台風対策として是非ともお勧めしたい事があります。 大雨と暴風対策の両方が必要となります。

まずは大きな川の土手の上の新しい分譲地などは買わない方が安全です。

ハザードマップにのっている土石流危険区域も同じく買わない方が良いと思います。

但し静岡市の場合は安倍川が溢れると多くの地域が水害に遭うので仕方のないことかもしれません。

 暴風対策としては構造躯体が損傷しなくても窓ガラスが割れたら室内は水浸しになります。

これから家を建てる方は大きな窓にはシャッター雨戸が必須ですね。

2年程前から後付けで雨戸を付けたいというお客様が多くいらっしゃいます。

 大きな窓には雨戸かシャッター雨戸、小さな窓には格子を付けるのが安全です。

これから家づくりをされる方は耐風対策を忘れずにしてください。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3丁目21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

 

Top↑

築14年のお客様の家

本日、瀬名に建つ築14年のお客様の家に寄らせていただきました。

 定年してから10年近くなるご主人様と奥様がニコニコ笑顔で迎えてくれました。

お客様の笑顔は私にとって最高のパワーとなります。

 前回伺った時にそろそろ一部を張り替えた方が良いとお伝えした杉の足場板を

使ったウッドテラスはご主人が自分で直すと言っていましたが見事に直されていました。 

 

7aeac6ef-s.jpg

 

大きなウッドテラスは少し小さめになっていました。

傷んだ部分は剥がして捨てて良い部分を使ってテーブルを作って色も自分で塗った との事でした。

 物を大事にして再利用して新しい物に作り変えて使う。

 素晴らしいと思います。

O様の笑顔と家を大切に手入れしている姿を見て幸せな気持ちになりました。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3丁目21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

 

Top↑

周囲に流されないZEH

私は家づくりで大切に考えている事があります。

決して一時の流行に乗った家づくりをしない事です。

 新たに流行っているものが本物であるかどうかをしっかりと見極めてから採用するようにしています。

 建築材料や工法、外観、性能などです。

しかししっかりと勉強した上で良いと判断したら採用は早いです。 早すぎると言われる事もあります。

耐震等級3の最高等級を標準化したのはリメックスでは10年以上前です。

 長期優良住宅も制度ができた翌年から標準化しています。

今、私が標準化はしていませんが積極的に採用したいのがZEH(ゼロエネルギーハウス)です。

リメックスではZEHの家第一号は約5年前に完成したモデルハウス「やあたの家」です。

断熱性を高めた上で省エネ設備の採用と発電設備(太陽光発電と水素発電のエネファーム)を使ったZEHの家で当時としてはかなり早かったです。

但し断熱性の計算上のことだけ考えると窓を小さくした方が有利なのですが私の考えは自然の快適さを取り入れる窓を小さくするのは本当の快適さからかけ離れてしまうと考えて あえて窓は小さくしませんでした。

  fe2e7c28-s.jpg

上の写真は北側の坪庭です。 下の写真は南側のウッドテラスです。写真は8月30日のものです。

576d771d-s.jpg

真夏や真冬以外は南北の窓を開けると爽やかな風が家の中を通り抜けて行きます。

ここ数年の酷暑は地球温暖化が原因とも言われています。

ZEHの家は温暖化対策のに個人レベルでは一番貢献できる取り組みです。

dbd5f42b-s.jpg

リメックスのZEHの家は単なる数値上だけの快適さを追求した家ではありません。

自然の快適さも取り入れた上で断熱性、気密性、換気も考えた本当の快適さを得る事のできるZEHの家です。

d2e84cac-s.jpg

ZEHの家に暮らしているお客様は皆さん快適さだけでなく経済的にも喜んでいます。

売電と自己使用分で月々1万円~2万円の身入りがあるので初期投資金額を考えても得にな ります。

769c3cdc-s.jpg

リメックスではZEHの家は今後も推奨していきます。

もちろん古くなっても味わいの出る自然素材と自然の快適さを取り入れる事を忘れずに家づくりをしていきます。

a1cdee1a-s.jpg

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3-21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

 

 

Top↑
最新  |  << 前ページ  |  次ページ >>  |  最初
リメックス公式SNS
Facebook instagram Twitter LINE@

社長ブログ

2020年09月
 
02
03
05
06
08
09
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
       

最新記事

最新  |  << 前へ  |  次へ >>  |  最初
スタッフブログ
ご来場予約