トップページ / 社長ブログ

社長ブログ

カーテンのコーディネート

本日はお客様のS様がカーテンの打ち合わせに協力業者さんの打ち合わせ室に行きました。

566f31af-s.jpg

カーテンの打ち合わせはお客様の好みと建てる家の雰囲気、そして全体の統一感や部屋ごとのコンセプトやテーマが決めるポイントとなってきます。

リメックスの和モダンの雰囲気にはカーテンレールはデコレートされたものよりもシンプルなものがよく似合います。

カーテンの種類は通常のレースカーテンとその上に厚手生地のドレープカーテンが基本ですが、ブラインドやブラインドのような「シェード」と言われるカーテン生地の上下させるタイプのもの、クルクル巻き上げる「ロールスクリーン」があります。

決める手順としてはまず第一に各窓のカーテンの種類を決めます。

これは色ガラやデザインではなくブラインドかシェードかカーテンかといった具合です。

次に各室の好きな雰囲気や色系統を実物を見ながらコーディネーターに伝えます。

コーディネーターはお客様の好みと予算に合わせてプランボードを作成してお見積もりを作るといった具合です。

もちろん提案を変更することもできます。

カーテンで部屋の雰囲気は変わります。

しかし、もしもミスマッチならば変えることもできます。

プロのコーディネーターのアドバイスを聞きながら自分の好みで選ぶのがおススメです。

できれば大きな生地を見られる事がベストです。

そして自然素材の家には素材が綿(コットン)や麻(リネン)もよく似合いますが暮らし方に合わせて自由にお選びいただいても良いと思います。

大切なことは信頼できるコーディネーターと予算も含めて納得いくまで打ち合わせができるかどうかだと思います。 

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3-21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

 

Top↑

春の心地よさ

4月になって桜が咲くと本格的に春ですね。

 

4月7日に静岡まつりに行ってきました。

a30a9695-s.jpg

子供の頃から静岡まつりが大好きだった私は今でもお祭りが

大好きで可能な限り行っています。

 

駿府城公園では多くのグループの方々が楽しそうに花見を

していました。

66dc5870-s.jpg

 

四季の中でも一番楽しく感じるのは春なのかもしれません。

 

冬を耐えて乗り越えた動植物が活動し始める時でもあって人

間も本能的に春が好きなのだと思います。

 

桜の花の下で宴会を仲間でやったら本当に楽しいですね。

 

恥ずかしながら私は今年、会社も含めて3回花見をしました。

 

とても楽しかったです。

 

四季を味わい楽しむ事は日本人のDNA、遺伝子レベルで刻まれ

ているのかもしれません。

 

住宅も四季を味わい楽しめる家にする事はきっと心にも体に

も良いと思います。

 

窓から楽しめる庭の眺め、風や暖かな陽射しで春を感じられ

る家づくりおススメです!

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3-21-1

株式会社リメックス

TEL:054-280-5488

Top↑

家づくりの行事

本日は朝10時から駿河区東新田でK様の地鎮祭を行いました。

38ca76b9-s.jpg

地鎮祭は着工の前に神主さんに来ていただき祝詞を奏上してもらい土地の四方払いをしてもらって土地に神様に舞い降りていただき清めて再び天に戻っていただく日本古来の儀式です。

地鎮祭の日にはお客様に家の配置や地盤の高さの最終確認もしていただきます。

そして同日の18時からは新築工事の結束式も行いました。

3db34d4e-s.jpg

写真は開始前に集まった協力業者に新しく入社したインテリアコーディネーターのなっちゃんを紹介しているところです。

結束式は新築工事を始めるにあたりお客様と協力業者が一堂に会して挨拶をします。

お客様から家づくりに対する期待や夢そしてお気遣いのお言葉をいただくと業者もやる気に満ち満ちてきました。

家づくりには日本古来からの行事もありますが会社独自の結束式もまた良いものです。 

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3-21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

Top↑

社員旅行2019高岡市

3月26日、27日と一泊二日で社員旅行に行ってきました。

研修も兼ねて富山県の高岡市、ミヤワキホームさんにお邪魔して来ました。

c6fec054-s.jpg

建築家が監修したモデルハウスを3件を見学しました。ミヤワキホームさんは高岡市ではいい家づくりで有名な会社です。

建築家の伊礼 智先生設計のモデルハウスは天井の高さに変化を付けて建て具や造作家具の工夫で空間に豊かさを生み出していました。とてもよい勉強になりました。

1b88767d-s.jpg

写真の左、宮脇社長とは10年来の友人でお互いに災害時に助け合う協定も結んでいます。

宮大工の現場監督出身の本物志向の社長とはとても考え方が共感できることばかりでした。

2日目は朝一番で格子の街並みの金屋町を散策

0871903a-s.jpg

そのあと加賀城主前田家の3代目が建立した国宝の瑞龍寺を見学しました。

c9f3421b-s.jpg

帰路の途中で世界遺産、岐阜県の白川郷も立ち寄りました。

a7a805c1-s.jpg

良いものもを見る事でものづくり、家づくりに生かせる事があります。

社員で一緒に同じものを見て回る事で団結力や意思疎通もスムーズになります。

年に一度の社員旅行は楽しく会社を強くして勉強できる大切な行事です。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3-21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

Top↑

真実は自分で判断するしかない!

「インターネットで情報が多くて、しかもいろんな人がいろんな事を言うので何を信じていいか分からなくなった」

この頃家づくりを計画している「こだわり派」のお客様からよく耳にする言葉です。

家づくりとは関係ないニュースでもTVや新聞で報道されている事が実際に本当のことなのか?

この頃は私も「そのまま鵜呑みにできないな」と感じています。

 

3月20日に娘の大学の卒業式に行ってきました。

c84a77f8-s.jpg

その時の学長が学生に贈った言葉が

最近報道されている統計調査虚偽や外交などの時事問題に触れて

「客観的事実の切り取り方次第で真実とは違うように作る事ができる。君たちはこれからグローバルな人間となってグローバルな視点からものを見る事ができる人になるように」という主旨の話しをされました。

話しは家づくりに戻りますがいろんな材料の組み合わせや工法がある建築は一概に端的な部材や工法の長所や短所だけを比較して良い悪いを決められるものではありません。

良いと言われている物や事でもコストはもちろん耐震や余震対策、断熱、気密、結露対策、耐久性、メンテナンス性、施工性その他、様々な事をリンクさせて考える事が大切です。

その上で材料どうしの組み合わせや工法のことも考えた上で本当に快適で安全な家ができるものを採用しなければいけません。

お客様のご要望にあったベストなものになるように私どもがグローバルな観点からアドバイスする必要があるのです。

とくに建築に関しては端的なデータを切り取って比較した一長一短だけでは決められない事が多くあります。

こだわり派のお客様はどうぞお気をつけ下さい。 

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3-21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

Top↑
最新  |  << 前ページ  |  次ページ >>  |  最初
リメックス公式SNS
Facebook instagram Twitter LINE@

社長ブログ

2019年04月
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
         

最新記事

最新  |  << 前へ  |  次へ >>  |  最初
スタッフブログ
ご来場予約