トップページ / 社長ブログ

社長ブログ

夏休みイベントのお礼

8月13日~15日のお盆休みにモデルハウス「やあたの家」でお客様感謝イベントを行いました 。

cb2d6056-s.jpg

新規のお客様と多くのオーナー客様にご来場いただきまして感謝です。

台風もどこかに行ってしまったようでした。

現在打ち合わせ中のお客様、ご新築中のお客様、築10年以上のお客様も何組も来ていただき本当に嬉しかったです。

リメックス は小さな会社ですがオーナー客様が幸せに暮らしている事はきっとNo.1だなぁと実感して涙が出るほど嬉しかったです。

お会いした多くのお客様から「快適に暮らしています」というお言葉をいただきました。

何軒かのお客様の家には点検に伺う事にもなっています。

これからもお客様が「快適に楽しく暮らし続ける」家づくり頑張っていきます。

リメックス で建ててくれたお客様がリメックス の一番の財産と実感したイベント3日間でした。

改めてご来場の皆様有り難うございました。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3-21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

Top↑

木材の保護塗料の研修会にて

本日7月29日、県産材利用セミナーで「木材の耐久性と保護塗料について」の講習会がありました。

0dbb4882-s.jpg

82361ed5-s.jpg

リメックス も外部にはよく木材も使っています。

県産材供給の協力工務店として登録しているので、もちろん私が参加して勉強してきました。

素材の木材というよりは塗料についての勉強会でしたが私も行って良かったと思いました。

第1部では木材の耐久性と保護塗料についての研究をしている日本大学 生物資源科学部の木口 実先生のお話でした。

木材は見た目にもオシャレで加工もしやすく柔らかな感じもあるので最近では大型建築物にもよく使われています。

3018007f-s.jpg

木は太陽光や水に濡れる事で劣化して銀白色になって来るのですがアメリカではその色はカッコいいという認識なので保護塗料も最初から銀白色が人気だという事です。

リメックス のモデルハウスの色も最初から黒っぽく古くなってもいいように塗っていましたが銀白色でも良かったと思いました。

また、木材の保護塗料には乾燥した材に染み込ませる含浸(がんしん)型と表面に塗膜を形成する造膜(ぞうまく)型があると聴きました。

木目を生かして見せるのは含浸型が良いのですが塗り替えが含浸型は3年から5年程ですが造膜型の方が塗装は3年ほど長持ちするそうです。

43fe21ae-s.jpg

リメックス の外部に使っている木材はあらかじめ長持ちさせる為にフェノール樹脂を加圧注入してあるので染み込みが悪いので含浸型と造膜型の中間の半造膜型が良いと塗料メーカーの方に言われました。

木部を太陽光から守る為の塗装ですが木部自体は腐らず長持ちするので、できれば塗装も長持ちさせたいものです。

木の劣化は人の肌の日焼けに似ているとの事です。

木部の保護塗料は日焼け止めクリームであり日焼けしない為の長袖の服だとの事でした。

また、木部を濡らさない為の長い軒庇も有効だという事です。

木部の表面劣化も人の肌の日焼けに例えて分かりやすく解説してくれた木口先生には感謝です。

塗料と建物の庇を利用して長持ちするメンテナンス性の良い家づくりを推進したいと思いました。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3-21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

Top↑

家づくりの思い出づくり(塗り壁体験)

先日の7月17日に駿河区東新田のK様邸で「家族で塗り壁体験」を行いました。

503b8dd9-s.jpg

c4449928-s.jpg

左官職人さんに塗り方のレクチャーを受けてホタテ漆喰を塗りました。

ご主人様も奥様もお子様のハル君も上手に塗る事が出来ました。

ご家族の手形も付けて壁に家族の楽しい家づくりの思い出を残しました。

b43b3bb7-s.jpg

お父さんとお母さんが頑張って家を建てた姿を見せることはお子様への何よりの教育になった事だと思います。

大きくなってお父さんお母さんのように僕も頑張ろう!って思っているかもしれませんね (^^) 

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3-21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

Top↑

照明器具について

1分で読める家づくりのうんちくポイントです。

照明器具の選び方の参考にしていただければと思います。

まずは一件あたりの予算ですが定価から割り引かれた売価で坪当り1万円見ておけばシンプルなものならコーディネートできます。30坪の家なら30万円です。

器具の種類ですがライティングレールは器具の取り換えも数を増やす時もワンタッチで便利です。歳をとると明るくしないと字が見えにくくなります。 

6b3895a2-s.jpg

簡単な造作でオリジナルな器具も作れます。

e195aa34-s.jpg

この器具は蛍光管のようなLEDの下にワーロンプレートという樹脂パネルを表しの梁に桟を取り付けて置いただけの物です。

5c008fbc-s.jpg

そして照明の色は目的に応じて変える事が重要です。

新しく出た当初は青白くて冷たく明るいだけのLED照明の色も今はいろいろ選べます。

温かみのある電球色は寝室や個室、照らされたものの色を正確に見たいキッチンでは昼白色、手元灯ももちろん昼白色です 。

19037456-s.jpg

リビングは温かみのある電球色か新たに作られた中間の温白色がおススメです。

あと重要な事ですが電化製品は不良材は火災や事故の原因となります。デザインが良くても海外で作られた雑貨店の物はこわいです。5年ほど前に弊社でトイレのペンダントライトが落下した事故がありました。幸い誰も居なくてけが人はいませんでしたが落下原因を調べたところ器具のつくりだったので輸入元に連絡を入れて即対応させてもらいましたが二度と雑貨ものの照明は使っていません。

家の価値を高めるのは間接照明がおススメです。間接照明は器具を見せずの灯だけをふわっと見せるもので寝室や玄関など家に一ヶ所か二ヶ所あるだけで雰囲気が出ます。

取り付ける位置にもポイントがあります。

バランスを考えて天井面の中で考えます。どうしてもバランスよくいかない場合は天井の高さを変えたり、材料を変えて天井面を別に見立ててバランスを整えます。

照明器具の選び方と取り付け位置を考えればお金をかけなくても良い照明計画をご提案できます。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3-21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

Top↑

庭について

家と庭は一体のものです。

家に合う庭があると家の価値も上がります。

家の価値の上がる部分としては先ずは「外部からの見た目」、そして「家の中から眺めて楽しめてくつろげる」上級者は「日差しをコントロールして家の中を快適にする」事も考えます。

下の写真は全てモデルハウス「やあたの家」のものです。

a998992e-s.jpg

上の写真は駐車スペースと脇に植えた木です。車を置いていないときは庭と玄関へのアプローチに見えます。コンクリート部分は轍部分だけなので土の部分に飛び石のように鉄平石を配置してイワダレソウを植えてあります。38坪に敷地が広く見える手法です。

384b0455-s.jpg

上の写真はダイニングキッチンから見える坪庭です。テーブルで座ってお茶を飲みながらリラックスして眺めるひと時は至福のひと時になります。ヤマモミジの紅葉もあって四季を味わい楽しめます。

下の写真はリビングから撮ったものです。

6f3dfe85-s.jpg

リビングの窓は南側に位置するので落葉樹を植えて夏は暑い日差しを遮り冬は落葉するので暖かな日差しを目一杯取り入れる事ができます。

なかなか家を建てた時は予算が無くて庭木もない家がありますが家の配置とコンクリートを打つ部分だけでも計画していれば後から自分達の家族で庭づくりを楽しむ事もできます。

庭のある家って素敵ですね 。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3-21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

Top↑
最新  |  << 前ページ  |  次ページ >>  |  最初
リメックス公式SNS
Facebook instagram Twitter LINE@

社長ブログ

2019年08月
     
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 

最新記事

最新  |  << 前へ  |  次へ >>  |  最初
スタッフブログ
ご来場予約