トップページ / 社長ブログ

社長ブログ

照明器具の選び方(メンテ編)

メンテナンス性を考えるではLED照明の器具一体型は私はおすすめしません。

下の写真は器具一体型のダウンライトです。

 

b178c5d8-s.jpg

ba4ddd5e-s.jpg

 

同じLEDでもあとあと簡単に電球を変えられるタイプのスポットライトやダウンライトにすることをお勧めします。

8年ほど前に多くの商品が出始めたLED照明で私どもが取り付けした照明器具が頻繁に2年目くらいから点灯しなくなり始めました。

最初は器具ごと無料交換してくれた照明メーカーも4~5年目からは有料と言い始めます。

10年は持つとLED照明を売り込んでいたメーカーですが初期の器具の欠陥なのかダウンライトやスポットライトの電球が交換できないタイプの器具一体型は本当によく点灯しなくなります。

少々金額は一体型より高価でも数千円の違いでしたら電球が変えられるタイプを選びましょう。

 

34fb4a10-s.jpg

 

上の写真はライティングレールに設置した電球が交換できるスポットライトです。

素人でも簡単に電球を変えられて器具の交換も機種変更も増設も簡単です。

加齢による視力低下で明るさが必要になった時にも便利です。

照明計画は目先の事だけでなく将来のことやメンテナンスのことも考えてする事が大切です。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3丁目21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

Top↑

完成見学会で体感する

4月3日、4日の土日は完成見学会でした。

a3cdd489-s.jpg

多くのお客様がご来場されて良い見学会になりました。

今回は約37坪の住宅地、東向きの土地で3方が家に囲まれた場合の明るさ確保の為の手法を体感できました。

afdf195c-s.jpg

大きな吹き抜けは階段を含めて6帖ありますが階段部分が1.5帖あるので実質4.5帖の吹き抜けです。

東から南西方向の光まで吹き抜けの窓から採り入れる事ができるので昼間は一日中明るさが入ります。

24c26944-s.jpg

吹き抜けを下から見るとこんな感じです。全体として内部は和モダンですが和が強すぎないように壁の板材は杉板でなくレッドパインにしました。

北欧デザインの家具も入れたのですが、建物とも相性が良くシンプルなデザインと色遣いで統一感も出て素晴らしかったです。

e0c19c66-s.jpg

シンプルで職人の手仕事の温もりが感じられて古くなっても価値が下がらないというものが北欧デザインの特徴です。

窓から日差しと風を採り入れて自然の快適さを極力利用します。

断熱性と気密性も良いので暑さ寒さで締め切った時も省エネで快適です。

暮らさないと分からないことを見学会で体感することで自身の家づくりに役立つはずです。

リメックスの自然素材の高性能な家の完成見学会は毎回好評です。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3丁目21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

Top↑

吹き抜けの効用

吹き抜けについてお客様は好き嫌いがはっきりとしています。

24c26944-s.jpg

上の写真は4月3日、4日の土日の見学会の家の写真です。

南側と北側、西側の3方を2階建ての家に囲まれた住宅地37.6坪の土地に建てました。

日当たりと風通しを確保するために東側に吹き抜けを作り2階からの日差しを1階のリビングに入れる計画で間取りをつくりました。

足場が外れて一昨日清掃も終わったので私が本日の午前10時と午後4時に見に行くと想定とおりに2階から1階のLDKに明るさが入っていました。

隣が近いので2階の窓から直接、日差しが入る時もあれば入らない時もありますが直射日光でなくても窓からは優しい明るさが入ります。

この明るさをもたらす直射日光では無い明るさのことを天空光と言います。

この優しい安定した明るさは北側の窓からでも入ってきます。

吹き抜けが嫌いな方は吹き抜けがあると部屋の空間が開放されていて冬寒く夏暑いというイメージがあります。

確かに断熱性と気密性が低い家ではその通りです。

しかしながらリメックスの自然素材の断熱性、気密性の良い換気も優れた家では吹き抜けがある方が日当たりと風通しも良く、極端に寒い日や暑い日でもエアコン1台で快適な室内環境となります。

「百聞は一見にしかず、百見は一考にしかず、百考は一行にしかず」です。

是非実際に私どもの見学会場やモデルハウスでご体感していただくことをお薦めします。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3丁目21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

Top↑

上棟日感謝の一日

昨日3月6日は静岡市駿河区有東で上棟でした。

6698b3dd-s.jpg

恒例で一本目の柱はお客様に立てていただきました。

柱を番号とおりに土台に挿していきます。

2effd598-s.jpg

夕方4時頃にはほとんど家の形が分かります。

f25b1fef-s.jpg

午後4時半からはブルーシートでの雨養生と屋根は防水ルーフィング張りをします。

44085aee-s.jpg

朝8時から作業開始でここまでが予定された作業です。

朝7時50分からの朝礼で私、棟梁、レッカー車のオペレーターが注意点を話しお客様から一言お言葉をいただき作業開始となります。

私が上棟の朝礼で話す事はいつも安全第一それだけです。

住宅建築での重大事故のほとんどは上棟での転落事故です。

上棟の一日が無事に終わると腹の底から嬉しいです。

お客様に感謝、大工職人さんに感謝、従業員に感謝です。

これからお客様の夢に向かって一所懸命頑張ります。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3丁目21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

Top↑

住宅構造見学会にて

2月28日(日)に構造見学会を行いました。

会場は葵区北に建築中の平屋でした。

8fd23c7b.jpg

構造見学会では完成してからでは分からなくなる部分を見ていただけます。 

a172dd05-s.jpg

耐震、断熱、結露対策、メンテナンス性の事など分かりやすく見ていただけるように現場を解説した展示物なども用意しました。 

3154a42d-s.jpg

家の性能は設計上で評価される事が多いですが設計上の耐震性や断熱性を実現するためには設計通りの正しい施工が大切です。 

f01fbc94-s.jpg

気密性は設計上では分からないので現場での検査となります。

気密性を良くするためのポイントや断熱気密を高めると換気を良くしないと壁内結露してしまう事などお伝えしてその対策としてどのような事をやっているかの説明もさせていただきました。

家は様々な材料と工法を組み合わせて作った集合体なので一つが良ければ良いという物ではありません。

トータルバランスが重要です。

単に一つだけの数値が良くなる事だけではない本当に安全快適に暮らしていただけるお客様のご要望に合わせた唯一無二の家を建てる事が大切です。

リメックスの家作りはお客様のご要望に合わせた唯一無二、天下無双の家です。

家で暮らすお客様のことを第一に考えていますが安全性と快適性、メンテナンス性は施工業者の責任です。

天下無双、唯一無二の家づくりをお客様と一緒に頑張っていきます。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3丁目21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

Top↑
最新  |  << 前ページ  |  次ページ >>  |  最初
リメックス公式SNS
Facebook instagram Twitter LINE@

社長ブログ

2021年04月
     
01
02
03
04
05
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

最新記事

最新  |  << 前へ  |  次へ >>  |  最初
スタッフブログ
ご来場予約