トップページ / スタッフブログ / ココナッツミルクで生クリームを作る!

スタッフブログ

ココナッツミルクで生クリームを作る!

2016年12月12日

ココナッツミルクで代用生クリームを作ってみました。

結果的にいえば、質感は少し固めの生クリームです。(混ぜる長さによります)

味は最初濃厚、後味さっぱりです。量は缶の半分くらいが目安です。

-------------------------------------------------------------------

【材料】

・ココナッツミルク缶(400ml)

・砂糖、メープルシロップ等甘味料…お好みで

・バニラエッセンス

(ココナッツミルクにグアガムなど糊料が入っている場合)

・くず粉、片栗粉…適量(小さじ1/2程度)

★ココナッツミルク缶は一晩冷蔵庫で冷やします!

ここで水分と分離させて、ミルクの脂肪分だけ使うので省けないところです!

--------------------------------------------------------------------

糊料とは、ココナッツミルクに滑らかさと粘り気を与えています。又、ココナッツミルクが分離しないためにも入っています。

今回はグアガム(糊料)入りと、無いものを比較しながら作ってみました。

★糊料入りは業務スーパー、ココナッツのみの缶は世界の食材市場ニッショクで購入しました。ニッショクでは糊料有無含む、数種類売ってました。

①一晩冷やします。

①缶の表示.jpg

お値段はココナッツのみは300円前後、糊料入りは200円ほどです。

やはり純正はちょっと高いですね。

②中身を取り出す(冷蔵庫からだしたらすぐ)

②缶の違い.jpg

分離しているので水分とココナッツ脂肪分が分かれています。

ここで水分をと取り出して、残りの溜まった脂肪分をスプーン等で取り出します!

水分は使用しませんが、ジュースで割って飲んだり料理の足しにしたりと、使い方は様々あります。

③缶の違い結果.jpg

あきらかにココナッツのみの方が固まっています。

糊料入りは全体的にさらさらで缶底に少し固まっていました。

ほぼ水分であまりクリーム部分にはなりませんでした。全体の3割くらいです。

ココナッツのみは半々の割合でしたので、使うならココナッツのみの方がもったいなくないかと…

③お好みの固さまで混ぜ、甘味料を入れていく

③缶の違い結果.jpg

混ぜていくと、だんだんと滑らかになっていきます!

大体混ぜたら砂糖などを入れていき、お好みの甘さに仕上げていきます。

糊料入りはここで葛粉名を入れて固さを少し出していきます。

④味比べ(味はメープルとハチミツ)

⑤味.jpg

(写真左:糊料+メープル 真ん中:ココナッツ+ハチミツ 右:ココナッツ+メープル)

糊料入りは色は白く、フレッシュクリームの色と似ています。

味はココナッツのくどさが殆ど無くさっぱりとしていました。

ココナッツのみは、あまり白くはないです。

味は最初はココナッツの味は少ししますが、メープルの香りと味がして後味はスゥ…と消えていく感じ同じくさっぱりです。

ハチミツも美味しかったですが、少し蜂蜜感が残るので、メープルの方がさっぱり感は強いです。

⑤ケーキに乗せて食べる

⑥ケーキで味比べ.jpg

ココナッツのみは混ぜ足りなかったのか、少し粒が目立っています。

糊料入りは見た目もクリームらしいです。

自然な甘さはココナッツのみの方が強いです。

どちらも、ココナッツの独特感が苦手な人にも好評でした。

 

カロリー的に気になる方にはとても良いと思います!

 

 

ご来場予約