トップページ / 社長ブログ / 住宅の補助金について

社長ブログ

住宅の補助金について

2019年11月13日

家づくりは誰しも予算内でいい家を建てたいと考えます。

しかしながら高価な材料や職人さんの手間がかかればそれだけ高額になります。

家のスペックアップをする事で補助金を受取れるものがあります。

私はお客様の予算内で少しでもいい家づくりが出来ることをいつも考えているのでお客様のニーズに合った補助金は申し込むようにしています。

毎回必ず申し込めるのが「静岡市 柱、土台、内装材プレゼント事業」「静岡県産優良木材使用による補助金」です。

建物で使っている木材の量にもよりますが静岡市では柱土台の杉、ヒノキで30万円分、内装材10万円分です。これは現物支給になります。静岡県では使用量に応じて最高30万円もらえます。30~35坪の家だと21万円くらいです。

大型の補助金では100万円を超える国からの補助金、国土交通省の「地域型住宅グリーン化事業」もあります。但し棟数の制限や条件も厳しくなります。建物や施工実績にもよりますがによって長寿命型100万円、ゼロエネ型125万円とかなり受取れます。設備機器の数によっては三世帯同居型となり加算額が30万円あります。

但し地域型住宅グリーン化事業の補助金は今年度から第2期受付から先着順になりましたが年度始めからグループの採択が行われるので実際の第1期の開始時期は8月以降となりそのあと先着順の第2期の受付は11月となりネット受付での先着順ではオリンピックのチケット予約のように中々繋がらず繋がっても受付終了していたなどの事もあるのでもう必ずあてにはなりません。もらえたらラッキーくらいにしか考えられません。

その他にもその年限りかもしれない新しい補助金もあります。今年度は林野庁の「外構部の木質化支援事業」がありました。これは新築に限らず外部の板塀やウッドテラスを腐りにくく加工された認証材である一定量を使用する事で業者が補助金が受取れます。業者が受取るということは受取ったらお客様にキャッシュバックしてあげられるので実質的にお客様は補助金が出るようなものです。 

3555503c-s.jpg

上の写真は補助金申請通りに板塀が作られたかチェックに来た様子です。

アルミフェンスに比べて腐りにくく加工された木材で作る板塀は高価ですが補助金が出ればお客様の多くは板塀で外構を作ります。板塀は地震で倒壊せず街の美観にも貢献できるので一石二鳥です。しかしながら国の予算が限られていたので1ヶ月の受付だけで終了しました。

リメックスでは早めに準備して申請したので7組のお客様の板塀やウッドテラスの工事で補助金を受取ることになりました。

補助金をあてにして工事をやるのはどうかとも思いますが、補助金を出す程、国が推奨したいと思っていることとお客様の要望がリンクした時はうまく使えれば本当に有難いと思います。

業者として常に新たなことを勉強してアンテナを高くして補助金をはじめとしてお客様が得することをこれからも発信して取り組んでいきたいと思っています。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3-21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

ご来場予約