トップページ / 社長ブログ / 住宅の台風対策

社長ブログ

住宅の台風対策

2020年09月07日

九州に台風10号が近づいています。

台風10号は最大瞬間風速70mと今までに聞いた事のない強風です。

 地球温暖化が原因なのか2年前から史上最強クラスの台風が毎年のように日本に上陸しています。

 住宅の安全対策は耐震性がメインで台風対策はなおざりだった気がします。

性能表示制度では耐震性の最高等級3を取得するとオマケで耐風等級も最高等級2もついているくらいにしか思っていませんでした。

879ee031-11-s.jpg

 因みに耐風等級の最高等級1とは500年に一度の暴風にも倒れず50年に一度の暴風で

損傷を受けないとなっていて等級2の最高等級の場合はその⒈2倍の力に対して倒壊や崩壊を しないというものです。

 

1ee8ec05-s.jpg

 

上記の内容を見るとどんな台風が来ても実に安心できそうですが実際には安心できません。

 台風対策として是非ともお勧めしたい事があります。 大雨と暴風対策の両方が必要となります。

まずは大きな川の土手の上の新しい分譲地などは買わない方が安全です。

ハザードマップにのっている土石流危険区域も同じく買わない方が良いと思います。

但し静岡市の場合は安倍川が溢れると多くの地域が水害に遭うので仕方のないことかもしれません。

 暴風対策としては構造躯体が損傷しなくても窓ガラスが割れたら室内は水浸しになります。

これから家を建てる方は大きな窓にはシャッター雨戸が必須ですね。

2年程前から後付けで雨戸を付けたいというお客様が多くいらっしゃいます。

 大きな窓には雨戸かシャッター雨戸、小さな窓には格子を付けるのが安全です。

これから家づくりをされる方は耐風対策を忘れずにしてください。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3丁目21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

FAX054-280-5672

 

ご来場予約