トップページ / 社長ブログ

社長ブログ

狭小地(26.6坪)の木造3階建て

8月6日に葵区長沼で木造3階建てのS様の家をお引き渡ししました。

7a920b24-s.jpg

他の完成見学会と日程が重なり、お引き渡しも早かったので完成見学会が出来ませんでしたが、

敷地面積26.6坪、北側道路で駐車場2台を確保した知恵と工夫の4人家族の家はとても良い家になったとお客様も私も大満足しています。

9c3ba5d3-s.jpg

外観から分かるかもしれませんが南側の敷地の進入路が3メートルほど西側にあるので北側道路ではありますが西側は隣家にピッタリではないです。

狭小地に家を建てる時は駐車スペース、明るさの確保、洗濯物干し、庭に代わるスペース、広々感じる工夫、などを考えます。

明るさの確保との為には光が降り注ぐ吹き抜けや、2階リビング、高さ2.2mの大きな窓と視界が外につながる庭やアウトドアも楽しめる広々バルコニーを作りました。

660d454f-s.jpg

敷地の短所を建築の設計力でカバーできれば素晴らしい家になります。

172e0e21-s.jpg

今回の敷地は26坪で狭小ではありますが静鉄長沼駅に歩いてすぐという長所があり、西側が南隣家へ行く約3メートル進入路があり清々と角地のように開けている長所もありました。

近隣の方々がとても良い方々という事も長所でした。

短所を補い長所を生かすことは建築も人も同じだと思いました。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3丁目21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

✉ remex@nipponnoie.co.jp

 

 

Top↑

将来1階だけでも暮らせる家、完成見学会

8月6日、7日の土日に清水区北脇で完成見学会を行いました。

IMG_0168.JPG

予約制でしたが多くのお客様にご来場いただきました。

89b2974a-s.jpg

今回の家は「将来1階だけでも快適に暮らせる家」です。

2階に歩いて行ける時は2階を寝室にして歩いて階段を上がれなくなったら1階だけに暮らせる家です。

aee00f96-s.jpg

1階に作った客間の和室は将来は寝室にもできます。

生活動線も行き止まりがなく回遊できる間取りとしてキッチンから洗面所、浴室、納戸,リビングに

ストレートに行き来できて洗濯をして物干しにもすぐに行けます。

8034ec3a-s.jpg

バルコニーは屋根付きなので急な雨でもよほど風が強くなければ洗濯物は濡れません。

日曜日にはお施主様のS様も来てくださりとても喜んでくださいました。

お客様の喜びの笑顔が私のパワーの源です。

お引き渡しの後もしっかりとアフターサービス頑張っていきます。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3丁目21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

✉ remex@nipponnoie.co.jp

 

 

 

Top↑

2022富士登山

8月1日の月曜日に4年ぶりに富士登山しました。

8cd01143-s.jpg

富士宮口の登山道から登って頂上の浅間神社でお参りしました。

769d2751-s.jpg

そして今回のメインはお客様と協力業者の皆様に暑中見舞いを富士山頂郵便局から送りました。

4年ぶりの富士登山。

世の中はいろいろ変化がありましたが頂上は4年前と変わらない様子でした。

暑さはこれからまだまだ続きますがどうぞ皆さまご自愛ください。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3丁目21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

✉ remex@nipponnoie.co.jp

 

 

 

Top↑

モデルハウス「やあたの家」引き渡し

6年9ヶ月ほどモデルハウスとして頑張ってくれた「やあたの家」を7月25日にお引き渡ししました。 

94f0ce57-s.jpg

お客様のK様は翌日ご引越されてお住まいになっています。

98a86490-s.jpg

とても喜んでいらっしゃって私も、嬉しいです。

e162af77-s.jpg

家は人が暮らしてこそ魂が入ると私は考えています。

K様が幸せに暮らす事で家も輝きを増してくると思います。

アフターサービスも全力で頑張ります。

建てた当初は2~3年で売却する予定でしたが会社の近くでお客様との打ち合わせをしたり見学会などのイベント開催で便利だった事もあり、あっと言う間に時が過ぎました。

便利だったので思いのほか長く手放さなかった「やあたの家」ですが、たまたまご見学に来られた同じ町内に住むK様が見学された時に私の直感で「この人だったら幸せに暮らしてくれる」と思いました。そしてご購入いただきました。

本当に良いご縁でした。

ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

 

〒422-8076

静岡市駿河区八幡3丁目21-1

株式会社リメックス

TEL054-280-5488

✉ remex@nipponnoie.co.jp

 

Top↑

駐車スペース、敷地の活かし方

安倍元首相のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

気持ちは喪に服していますが私は今やるべき事をしっかりとやって日本国の為になる事が安倍元首相のご供養にもなると思い仕事を一所懸命頑張らせていただきます。

 

本日7月9日はモデルハウス「やあたの家」で完成見学会を行なっています。

94f0ce57-s.jpg

やあたの家は38坪の土地に建てた13.5坪の総2階、27坪の家です。

今回のブログでは「やあたの家」の土地の活かし方と工夫についてご説明させていただきます。

38坪の土地に家を建てて車を2台、北側に坪庭、南側にウッドテラスがある盛り沢山な外部ですが敷地は狭く感じずゆとりさえあります。

今回のブログでは駐車スペースについて書きます。

駐車スペースの広さの目安は普通車1台で幅1.5間(2.73m)×奥行3間(5.46m)約4.5坪です。

2台駐車場があると約9坪になります。

30坪から50坪の土地では車を置いていない時は庭や玄関へのアプローチに見えるように作っています。

9d5702a0-s.jpg

やあたの家ではタイヤの乗る部分を洗い出しのコンクリートにしてその間に飛び石の鉄平石を配置してイワダレソウを植えています。

d865ef82-s.jpg

車が置いて無い時は庭の一部に見えます。

玄関や坪庭へのアプローチにも見えます。

コンクリートのベタ打ちと比べて夏場の太陽の照り返しも少なく家内部の温熱環境も良くなります。

将来、年齢を重ねて車の台数が1台になれば駐車スペースを玄関へのスロープにリニューアルできます。

駐車スペースは単に車を置くだけではなく車を置かない時は庭になったり、玄関へのアプローチにもなります。

夏の照り返しの暑さを緩和する涼を感じさせるスペースにもできます。

駐車スペースの有効活用は敷地を最大限活かすことには必須です。

 

Top↑
最新  |  << 前ページ  |  次ページ >>  |  最初
リメックス公式SNS
Facebook instagram Twitter LINE@

社長ブログ

2022年08月
01
02
03
04
05
06
08
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       

最新記事

最新  |  << 前へ  |  次へ >>  |  最初
スタッフブログ
ご来場予約